夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

HomePodの情報流出は恣意的だったのでは?

iPhone 8ともiPhone Proとも言われる新型iPhoneの画面解像度や、ホームボタンを廃止した前面デザインが流出していますが、アップルが恣意的に情報操作しているのではないかと勘繰ってしまいます。

個人的にはiPhone 8よりもGalaxy Note 8が欲しいのですが、その理由はiPhoneがAndroid化(もっと言えばGalaxy化)しているように見えるからです。

スティーブ・ジョブズが愛したiPhoneは、もう死んでしまったのでしょうか。

auピタットプランは安くない⁉︎ UQ mobileが圧倒的に安い‼︎

auピタットプランとかいう料金プランが発表されましたね。もしかして、安いとか思ってます⁉︎ 騙されちゃダメですよ?

ちなみに私のUQ mobileのプランは以下の通りです。同じ条件になるように、auピタットプラン(シンプル)で比べてみました。

私の料金プランは、UQ mobileの「データ高速+音声通話プラン(V)」です。1,680円で3GBまでデータ通信できます。

auピタットプラン(シンプル)は、最大値引きなら最初の1年間は2,980円/月、2年目以降は3,980円/月だそうです。

対するUQ mobileは、引用の通りずっと1,680円/月です。

ね?比べるまでもないでしょ?

もしauスマートバリューの割引を無視すると、1年目が3,980円、2年目以降は4,980円という目を疑いたくなる高さ。

UQにしてホントよかった。

家族3人で月々4,570円な格安SIMの料金プラン内訳

前回の記事で触れなかった料金プランの内訳を紹介します。金額は税抜です。

私の料金プラン

私の料金プランは、UQ mobileの「データ高速+音声通話プラン(V)」です。1,680円で3GBまでデータ通信できます。

ほとんど通話しないので従量制で良いのと、動画を全然観ないので月末には少しデータ通信量が残るくらいなのでぴったりかと。

妻の料金プラン

妻の料金プランは、LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」の音声通話+3GBデータ通信です。1,690円。

ほとんどの通話はLINEで済むので妻も通話は従量制に。データ通信は2GBで足りるのですが、1GBじゃさすがに足りないので仕方なく3GBを契約。

娘の料金プラン

娘の料金プランは、LINEモバイルの「LINEフリープラン」の音声通話付きです。データ通信量の上限は1GB固定。1,200円。

ほとんどの通話はLINEで済むのですが、緊急通報できるように音声通話は付けときました。保険みたいなもんですね。データ通信量は1GBですが、Wi-Fiがメインなので十分足りるはずです。足りなくなっても容量追加してやんない。

合計すると4,570円なり

通話料やユニバーサルサービス料、消費税が別途掛かりますが、それを考慮してもまさに格安になりました。満足です。

家族全員格安SIMにしたら月々4,570円になりました

遂に家族全員が格安SIMに乗り換え完了しました。私はUQ mobile、妻と娘はLINEモバイルです。

本当は全員UQ mobileにしようと思ったのですが、妻が使っているドコモ版のXperia Z5 Compactはauの電波を全く掴まないハード仕様だったので、やむなくドコモ系の格安SIMで評価の良さそうなLINEモバイルにしたわけです。

これで家族3人で税抜4,570円/月になりました。いやー、妻と娘だけで1万円近く払っていたのがバカらしくなります。

格安SIMへの最大の障壁になっていたのは、キッズケータイのメリットでした。このメリットも娘の成長に伴って薄れてきたので、思い切ってスマホに乗り換えました。

内訳は次の記事で紹介します。