読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

iPhone 6(仮)は大画面化すると噂だが、なぜ大画面化するのか考えてみた

f:id:mickenta:20140624193516j:plain

iPhone 6(仮)は、iPhone 5cやiPhone 5sよりも画面サイズが大きくなって、そのサイズは4.7インチとも5.5インチとも噂されていますね。

iPhone 6が大画面化するのには、何らかの理由があるはずです。アップルが何の理由も無しにそうするとは考えられません。

ということで、どうして大画面化するのか考えてみました。

薄型化の副産物として大画面化する考えてみる

前の記事でも書いたのですが、iPhoneのさらなる薄型化のためには、3.5mmイヤホンジャックが邪魔であり、(恐らく)それを排除すべくLightningポート接続のイヤホン、ヘッドホンの仕様を公開した訳です。

新しいiPhoneに期待してしまう4つのことと、絶対に実現して欲しくないたった1つのこと - 夢と魔法と林檎の虜

3.5mmイヤホンジャック撤廃⇒薄型化

で、もしiPhone 6から3.5mmイヤホンジャックが無くなったとすれば、薄型化を阻む障壁は無くなる訳ですから薄型化されるかもしれません。

薄型化⇒幅が拡がる

でも、単に薄型化されるとバッテリーも一緒に薄くなってしまうので、単純にはバッテリー容量が小さくなってしまいます。なので、薄くなった分だけiPhoneの幅を拡げてバッテリーの容量を維持ないしは拡張する必要があるわけです。

幅が拡がる⇒大画面化

そうなると、画面サイズも大きくしないと不恰好なので大画面化するわけですが、Retinaディスプレイを謳う以上高精細である必要もありますから、おそらく高解像度化も必要でしょう。

そうなると、どれだけ高解像度になるかにも依りますが、これまで以上に表示処理に負荷が掛かります。ですが、恐らくiPhone 6に搭載されるプロセッサもパワーアップするでしょうから、この点は問題にはならないはずです。

まとめ

iPhone 6が大画面化するのは、

  • 3.5mmイヤホンジャックの撤廃によって薄型化
  • するとバッテリーも薄くなってしまうので幅を拡げてバッテリーを最大限に大型化
  • 幅が拡がるので画面サイズも大画面化
  • きっと処理能力はバッチリなので問題無し というストーリーです。