夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

mineoならauより月々3,326円(税抜)安くなります。2年間で79,824円(税抜)も安く!

auにかえる割が廃止されたので(auにかえる割 Plusが新しく始まりましたが、iPhoneの場合は6/6 Plus以降のみ適用可能)、旧料金プランで運用した場合の維持費が1,008円値上がり(正しくは割引が廃止されたので本来の料金に戻っただけですが、実質的には値上げですよね)してしまいました。

また、iPhone 5s/5cの毎月割も大幅に減額されたので旨味も感じられなくなりました。

減額前の記事はこちら

減額後の記事はこちら

mineoという選択肢

あえてキャリアに縛られることで毎月の維持費を安く抑えるという運用は、そろそろ限界に近いのかもしれません。そこで、iPhone 5sを一括で購入した後、mineo(マイネオ)MNPして運用する道を検討してみます。

(2014/9/21追記) iOS 8のiPhoneはmineoで通信出来ないそうです。ご注意ください。詳しくは→mineoユーザーサポート|お知らせ|詳細

なぜmineoか

auの魅力はなんといっても800MHz帯のプラチナバンドで広範囲をカバーしたLTEの高速通信でしょう。mineoなら、その通信エリアを利用できて、3GBで3,175円(税込)(データ通信だけなら2,516円(税込))という安さが非常に魅力です。あ、私の月間のモバイルデータ通信量は2GB超え3GB未満なので、今回は3GBコースのみ検討します。

mineo対au

さて、早速auとmineoの2年間の維持費で対決させてみます。2年間の差額は79,824円(税抜)になりました。月々だと3,326円安くなります。これだけ浮くなら断然MVNOのmineoですよね。

au

au 費用(税抜)
2年間 150,384円
(内訳/月)
電話+3GB 7,200円
割引 -934円
合計 6,266円

mineo

mineo 費用(税抜)
2年間 70,560円
(内訳/月)
電話+3GB 2,940円
合計 2,940円

注意:mineoにも1年縛りがある

1年間の継続利用が条件のようです。ご注意ください。違約金は9,500円(税抜)だそうです。

ここに計上していない費用

auもmineoも新規契約手数料が掛かります。また、端末は別途購入する計画ですがその費用は計上していません。

あとがき

大雑把に比べただけでもmineoで運用するメリットがよくわかりました。iOS 8からはMVNOのSIMでもインターネット共有(テザリング)ができるという報告もありますので、ますますMVNOを選ぶ理由が整ってきたことになります。

気になるのはKDDIグループの公式MVNO「KDDIバリューイネイブラー」です。まだ情報が少ないので殆ど何もわかりませんが、もしmineoよりも安いプランが提供されたら。。。あ、ないか。