夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

巨大噴火に対する田中原子力規制委員長の発言に、この国の将来が心配になった話

今朝のSmartNewsのトップ記事に掲載されていた以下の記事を読んだ感想をどうしても書きたくなったので。

毎日新聞の記事の末尾から一部抜粋させていただきます。

田中委員長は「巨大噴火はここ30年、40年の間に起こるものではない。天災がいつ起きるか分からないので社会的活動をやめてください、という考え方では仕事はできない」と述べた。

どうしても書きたかったこと

私は、田中委員長の発言に憤りすら感じました。「いつ起こるかわからないことのために、原子炉の稼働を停止させたり廃炉にするのは非現実である」とする田中委員長の発言は、子供の言い訳としか思えないのです。

地球が活きている限り、巨大地震や巨大噴火は起こり得ることなのに、それを制御出来るわけでも予知できるわけでもないのに、それに備えるのは過剰と言い放つ無責任さに驚き呆れました。

ここは日本です。生命保険の契約者が8割を超えるような心配性の国民が住む国です。この人が委員長という立場で日本の将来は大丈夫なのか心配です。

この考え方で原子炉が稼働していると思うと正直ゾッとします。やはり人類は自らが生み出した知識と利器で滅ぶのでしょうか。