夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

アップルにとってのiPhoneと、私にとってのiPhoneに対する温度差

iPhone 6を使うようになってからというもの、なぜiPhoneを使っているのか分からなくなってきました。

iPhoneを使っている理由は、iPhoneが好きだからだと思っていましたが、すべてのiPhoneに当てはまる訳ではなかったようです。

はじめてのiPhone

初めて手にしたiPhoneは4sだったと記憶していますが、背面の美しいガラスパネルや、側面の質感とそのカットの美しさに魅了されたのです。

スティーブ・ジョブズ氏がiPhoneにかける熱意が、美しさとなって製品化されていたiPhoneに惚れ込んでいたのです。

4インチでも使いやすいiPhone

iPhone 5になり、背面のガラスパネルは撤廃されましたが、側面の質感とそのカットの美しさは健在でしたし、何より3.5インチから4インチへと大画面化したにも関わらず、4s同等の幅を維持することでユーザビリティーの低下は最小限に抑えられていました。

ここにもスティーブ・ジョブズ氏のiPhoneへのこだわりが垣間見えます。

美しいiPhoneから売れるiPhoneへ

かねてよりiPhoneに対する大画面化の要望は多くあったと思いますが、スティーブ・ジョブズ氏の目が黒いうちは決して大画面のiPhoneが製品化される事はありませんでした。

唯一4インチ化したiPhone 5シリーズですが、幅の拡大を伴う大画面化よりも、幅を維持することによるユーザビリティの低下回避を優先した結果がすべてを物語っています。

アップルによると、iPhone 6シリーズは今までで1番売れているiPhoneだそうです。

販売する国を増やし、iPhoneを取り扱う通信キャリアを増やし、日本のApple Storeでも発売初日からSIMフリーのiPhoneを取り扱い、ハイスペックなiPhoneを2機種同時に発売すれば、否が応でも売り上げは伸びるでしょう。

ジョブズ氏の亡霊

ただ、皮肉なことにiPhone 5sの売り上げも順調に推移していることをアップルは忘れてはいけません。

もう一つアップルにとってとても大事なことがあります。

噂通り4インチのiPhone 6sを発売するつもりだとすれば、なぜ4インチのiPhoneが必要なのかと言うことを理解することです。

しかし、私の推測が正しければ、アップルは(正確に言えばティム・クック氏はでしょうか)4インチのiPhoneを作りたくないはずです。

もし作ってしまうと、スティーブ・ジョブズ氏の亡き今でも、氏の生み出したiPhoneに縋らないと生きながらえることも出来ないアップルという烙印を押されてしまいかねないからです。

おわりに

正直に言うと後悔しています。

iPhone 6にしたことを。

そしてiPhone 5sを選ばなかったことを。