夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

ぷららモバイルLTEを1ヶ月で45GB使っても通信制限かからない話

ぷららモバイルLTE 無制限プラン 3MBを、AtermMR03LNと組み合わせて我が家のWi-Fiとして利用するようになって1ヶ月が経ちました。

それまではJ:COMの12MBコースを、auからレンタルしているHOME SPOT CUBEに繋いでWi-Fiにしていました。

3月に常に持ち歩いていた時は、私は快適と思っていたぷららモバイルLTEですが、妻はあまり快適とは思えないようです。娘はYouTubeばかり観ていますが、実は画質が多少悪くなったのですが気にならないようです。

今回は、それそれの感じ方を紹介します。

サラリーマン・プログラマーの場合

私がWi-Fiに繋ぐ時間帯は、5:30〜6:00の他は19:00移行ですが、確かにauのLTEよりは遅くなりますが待てない程ではないかなという感じ。

別に動画は観ないのから不満が出ないのかな?Wi-Fiに繋いですることと言ってもSafariでニュース記事を読んだりTwitterを見たりくらい。

たまに動画を再生するときも、LINEのフリーコインやゲーム内の動画でポイントを貯めるのが目的なので動画が止まろうが構いません。

妻の場合

YouTube以外の動画がカクカク止まるのを、とてもイライラすると私に訴えますが、Wi-Fiを外に持ち出せるようになったこととのトレードオフとしては、ある程度納得している様子。

YouTubeアプリで観る動画なら、通信速度によって画質を自動的に調整してくれるので、画質こそ悪くなりますが止まることはありません。

YouTubeで観れる動画を観ているときは、あまり文句を言わないので、このあたりは動画サイトや再生アプリを選べば不満は少なくなるかもしれません。

また、動画を保存できるアプリを使えば、夜とか日中の使っていない時間にバックグラウンドで保存しておいて、観たいときには途切れず観れる運用も出来そうです。

私はこんなアプリを使っています。無料のときにダウンロードしました。

娘の場合

YouTubeばっかり観ている娘はと言うと、前述のとおり画質は悪くなりますが、文句も言わずにただひたすらYouTubeを見ています。

他にも、Wi-Fiに繋がっていないと遊べなかったゲームをたまにやる程度で、どちらにしても特に文句は言いません。

まとめ

ほとんど動画を見ない、ネットサーフィンが主なサラリーマンさんにはおすすめ。

 家事の合間にYouTubeだけではなく他の動画サイトもバリバリ見るような奥様タイプの方にはやや難あり。

画質をあまり気にしなくて、YouTubeを主に見ているような方にはまあまあおすすめ。

あとがき

家のメインWi-Fiには不向きなものの、持ち運んでどこでもWi-Fiにつながる便利さに加えて、税込3,000円未満と言うお手軽さが、多少の不満をはるかに上回る大きなメリットになっていると思います。