夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

ドコモとソフトバンクのiPhoneユーザーは、auにMNPするとiPhone 6を2,512円/月で7GBまで通信できるという話

まあ色々と条件はあるのですが、条件さえ揃えばMNOにしてはなかなか安く運用できそうなので紹介します。

揃えるのが厳しいと思われる条件から順に書きます。

auスマートバリューを適用する

1回線毎に割り引かれるので、回線数が多ければ多いほどお得感が増す割引です。

KDDIの光とか、提携のCATVと契約しなきゃいけないのでアレですが、既に契約済みなら全く問題ないですね。

でも、そんな状態なら、既にauユーザーな気もしますが...。

我が家の場合は、J:COMのテレビ+電話のプラン(あわせて3,000円くらい)を契約してauスマートバリューを適用しています。

テレビは、専門チャンネル見放題とかじゃなくて、地デジの他は限られた5チャンネルだけが観られるプランにしているのでお安いのです。

ドコモ、ソフトバンクからMNPする

ドコモまたはソフトバンクからauにMNPすると「auにかえる割 Plus」が適用されます。

MNOを使い続けるなら、やっぱり定期的にMNPで渡り歩いた方が安いようです。

LTEプラン+LTEフラットで契約する

カケホとデジラのメリットは何と言っても電話し放題なこと。

毎月コンスタンスに通話(発信)をする人にはバッチリはまりますが、ほとんど通話しない人には単なる値上げです。

通話をほとんどしない人なら、LTEプラン+LTEフラットの旧プランがおすすめです。

毎月割が-2,445円×24ヶ月

iPhone 6(16〜128GBすべて)と、iPhone 6 Plus(16,64GB)は、毎月割が-2,445円(税込)なのでかなりお得ですね。

料金シミュレーター

さて、これまでの条件を組み合わせると、機種代金の分割払金を除く月々の料金が、2,512円(税込)になるんです。

もし、iPhone 5 16GBを下取りに出すと、分割払金は月々3,060円→2,205円(いずれも税込)になります。

さらに、もしiPhone 6を一括0円で手に入れられれば、分割払金がなくなるので、本当に2,512円で運用できることに。

あとがき

すっかりMNOに興味を失っていましたが、まだ旧プランならそれなりに魅力的な気もしました。

こんな記事も書きました