夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

LTE対応周波数帯で見る、ドコモのクアッドバンド対応のXperiaと、マルチキャリア対応のZenFoneの話

iPhone以外は考えたこともなかったのですが、最近とあるAndroidスマホが気になります。

XperiaとZenFoneです。

この記事の表にはXperia Z5は含まれていません。Xperia Z5は以下の記事にまとめました。



対応するLTE周波数帯

もしも、iPhone一筋の私が万が一Androidスマホにするとしたら、きっとXperiaかZenFoneにするだろうと思ったので、念のため対応するLTE周波数帯を調べてみました。

ちなみに、XperiaもZenFoneも日本国内モデル(ドコモ版)を対象にしました。愛するiPhoneも添えてみます。

f:id:mickenta:20150514220031p:image
5s:iPhone 5s
6:iPhone 6
X3:Xperia Z3
X4:Xperia Z4
Z5:ZenFone 5
Z2:ZenFone 2

ドコモ系ならXperia Z4

ドコモとドコモ系MVNOで使うなら、2015年から電波を吹き始めるバンド28の700MHz帯に対応しているXperia Z4がベストでしょう。

実はドコモさん、東名阪バンドと呼ばれる1.7GHz帯以外は全国展開すると明言しているので、都心部でのプラチナバンド(700MHz帯)の展開に期待が膨らみます。

まだまだ現役Xperia Z3

とはいえ、新しく吹く700MHz帯の恩恵を受けられるようになるのは、いや、その効果を実感できるようになるのは恐らく随分先のことでしょうから、ドコモのクアッドバンド対応のXperia Z3もとても魅力的です。

au系やソフトバンクならZenFone 2

ドコモ系で使う場合は、全国展開している1.5GHz帯が非サポートなのは少し心許ないかも。ただ、ZenFoneはSIMフリーなのでキャリアに縛られずに運用できる事が強みと考えればデメリットではないかも?

バンド18の800MHz帯(auのプラチナバンド)に対応しているので、auやau系MVNOでも広いLTEエリアの恩恵を享受できます。

東名阪が主戦場ならZenFone 5もいける

ドコモの1.5GHz帯と700MHz帯に非対応なのは残念ですが、メインバンドの2.1GHz帯、主に郊外や山間部向けの800MHz帯、東名阪でエリア展開する1.7GHz帯に対応しているので、主に東名阪地域で活動する人なら問題ないのかも。

あとがき

もしもAndroidスマホにしたらという記事のつもりでしたが、最近のAndroidスマホはソフトもハードも魅力的になってきた印象なので本気で迷えるようになってきました。

Androidスマホにした場合は、基本的にドコモ系MVNOで運用するつもりですが、IIJmioが個人向けにもau系MVNOでサービスインしたらそっちも使いたくなるはず。

クアッドバンドのXperiaか、マルチキャリアのZenFoneか、迷う楽しみが増えそうです。

こんな記事も書きました