読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

4インチのiPhone 6cは製造されないと思うし、製造して欲しくないと思っている一階のソフトウェアエンジニアの心の叫び

私は、アップルが(もといティム・クックが)4インチのiPhoneを絶対に開発しないと思っているのですが、そう思う理由をまとめてみます。

iPhone 4S→4sの改称

iPhoneは3GSの頃から大文字のSを使用していましたが、iPhone 5sから小文字のsに改称され、同じタイミングで4Sも4sに改称されました。私には小文字のsに改称したことに意味があるように思えてならないのです。

4Sにはスティーブに捧げるという意味もあると言われます。この意味を持たせるには、大文字のSが最適です。

この意味を解消しようとして、あえて小文字のsに改称したのではないかと思うのです。

3.5インチ→4インチ

スティーブ・ジョブズ氏が頑なに守り抜いた3.5インチというディスプレイサイズを、iPhone 5からいとも簡単に4インチ化したことも引っかかります。

まるで、頑固親父がいなくなったから好き勝手やれるようになったぜ的な感じに見えてしまいます。

唯一の救いは、この4インチ化したiPhone 5シリーズにも、まだジョブズ氏のiPhoneに対する強い意志が残っていたことです。このお陰で非常に心地よく手に馴染みました。

58.6mm→67mm (77.8mm)

そうです、その強い意志こそです。しかし、それさえも奴らはiPhone 6で壊したのです。

徹底的な脱ジョブズ

この様な徹底的な脱ジョブズを目指すアップル(もといクック)が、間違ってもジョブズが愛した58.6mm幅のiPhoneを再び製造するはずがないのです。

ぜひともクック船長には4インチのiPhoneをつくって欲しくないとさえ思っています。iPhoneへの執念のような愛のないクックさんには、決して真似て欲しくないのです。

あとがき

iPhoneが誕生してから4sに至るまで、頑なとも思えるようなディスプレイサイズの維持を押し通したのにはわけがあるのです。

iPhone 5からほころび始めたiPhone品質を、クック船長はどういう思いで眺めているのでしょうか。

もし、万が一4インチのiPhoneが製造されたとしたら、クック船長には何の拘りもなく、恥じることもなく、ただただ売れるものを作るだけの普通の社長ってことでしょうね。