夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

もうすぐiPhone 6sが発売されるはずなので、auのiPhone 6からドコモのiPhoneへMNPして、さらにFREETELにMNPする計画を立ててみた

あと数週間後にはiPhone 6sが発表され、おそらくその1週間後には発売される。

その頃はといえば、iPhone 6が下取り対象機種になる頃だし、iPhoneというだけで貰えていた1GBの追加ボーナス(13ヶ月間限定)も終了が間近に迫っている頃だ。

というわけで、未だにmineoにもUQ MobileにもMNPしないでいる、au回線のiPhone 6ユーザーである私が、ドコモ系MVNOのFREETELにMNPする壮大な計画を立ててみる。

そう、いつだって計画している時が一番楽しいのだ。

au

ということで、まずはauの転出費用から。すべて税抜き金額。

  • MNP転出 2,000円
  • 2年縛りの違約金 9,500円

ドコモ

次にドコモに転入して即転出する費用。即転出するので、当然2年縛りのある契約はしない。また、iPhone 6sの購入費用は、iPhone 6をオークションに出品して賄い、足りない分は12回の分割払いにする予定。

  • MNP転入 3,000円
  • MNP転出 2,000円
  • 日割りの利用料金

FREETEL

さて、最後にFREETELの転入費用。

  • 初期費用 3,000円

以上。ざっと2万円ちょい+日割り料金ってとこか。見落としてる費用あるかな...。

あとがき

iOS 9からはau系MVNOを利用できるのかもしれないけれど、またiOS 8の時と同じことが起こったら困るからドコモのiPhoneにする。

なぜFREETELを選んだかは、また別のエントリーで。実は最後までIIJmioと迷ったのだった。