夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

キャリアとiPhoneのLTE周波数帯対応表でみるiPhone 5〜iPhone 6s

iPhone 6sが発表されたので、対応するLTE周波数帯をいつもの表にまとめました。

え?iPhone 6と同じじゃん!

iPhone 6sは、バンド11とバンド21に対応すると予想していたのですが、蓋を開けてみればiPhone 6と同じでした。

まあ、どちらも日本のキャリアしか使っていないガラパゴスな周波数帯なので、今や中国贔屓のクック船長が見向きもしないのは頷けます。

150Mbps→300Mbpsに高速化

対応するLTE周波数帯は同じですが、キャリアアグリゲーションによる最高通信速度はiPhone 6の150Mbpsから300Mbpsに高速化しました。

ドコモが発表したPremium 4Gの高速化にもiPhone 6sなら対応しています。

あとがき

iPhone 6で対応周波数帯が劇的に増えた印象が強かったので、その勢いで日本向けにも対応してくるかなと思っていましたが違ったようです。

次はiPadの表でも作ってみます。なんとなくiPad mini 4が気になるので。

こちらの記事もオススメ