読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

iPhone 6sのファーストインプレッションは「重い」「Live Photoの有用性が不明」

今回は、iPhone 6sのファーストインプレッションを書いてみます。なお、iPhone 6の同様のエントリーは以下にまとめてあります。

かなり重い

iPhone 6の129gから、14g重い143gになった6s。手に持った瞬間「重い」と思ってしまいました。iPhone 5/5sは112gなので、5/5s比だと実に31gも重くなりますので、特に注意が必要かもしれません。

きっとiPhone 7で軽量化を目指すのだと思いますが、もし重いiPhoneが定番になるようなら残念です。

Live Photoの有用性が不明

Live Photoで撮影した写真は、3D Touchすることで再生するようですが、タッチしている間は指が邪魔で写真の一部が隠れてしまいます。

他にも再生方法があるのかもしれませんが、3D Touchによる再生だけだとしたら、きっと私は使わないと思います。

画面左端の3D Touchは便利

ホームボタンを2度押ししなくてもタスクが切り替えられるようになったのは、ホームボタンに対する負荷軽減とホームボタンへ指を動かすことで途切れていた作業への集中に効果があります。

キーボードを3D Touchすることでカーソルを自由に動かせることも集中継続の効果があると思います。

あとがき

ファーストインプレッションとしてはこんなもんでしょうか。

もう少し使い込んだら、また書きたいと思います。

こんな記事も書きました