夢と魔法と銀河の虜

ウォルト・ディズニー、スティーブ・ジョブズに魅せられたGalaxy Noteに機種変したいプログラマーのブログ

アップルは、Apple Musicで利益を得ようとは思っていないはずだ

ヤフーのIT分野のニュースに、以下の記事が載り続けている。

様々な音楽定額サービスが取り上げられ、収益化が難しいという。

でも、そもそもアップルは、Apple Musicで儲けを出そうとは考えていないのではないか。

他社のサービスにユーザーが流れてしまうくらいなら、自社でも同等以上のサービスを立ち上げてユーザーを囲い込もうとしているだけなのではないか。

一度何らかのエコシステムに浸かってしまったユーザーは、そのエコシステムから抜け出しにくいもの。

無料期間でエコシステム漬けにしてしまう作戦なのだろう。

私はまだApple Musicは利用したことはない。

お気に入りのアーティストが配信したら考えるけど、配信したとしても、iTunesで同期する以上のメリットを感じなければ利用しないだろう。