読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

比べて納得!iPhone SEと6s/5sの同じところ違うところ【通信事業者】

私にとっては非常に魅力的なiPhone SEについて、6s、5sと比べてわかった仕様差分をまとめてみます。

今回は「通信事業者」についてです。

  1. 容量
  2. ディスプレイ
  3. サイズと重量
  4. チップ
  5. 通信事業者
  6. 携帯電話/ワイヤレス通信方式
  7. Touch ID
  8. iSightカメラ
  9. ビデオ撮影
  10. FaceTimeカメラ
  11. ビデオ通話
  12. オーディオ通話
  13. Siri
  14. 電源とバッテリー
  15. ヘッドフォン
  16. センサー
  17. SIMカード
  18. コネクタ

通信事業者

iPhone SEは、ドコモ、au、ソフトバンクの各通信事業者から発売されています。

これら通信事業者から購入したiPhoneはSIMロックされているので、そのままでは他の通信事業者のSIMをさしても通話もデータ通信もできません。

そのため、他の通信事業者のSIMで運用したい場合は、半年経過後等にSIMロックを解除する必要があります。

SIMフリーという選択肢

なお、iPhoneはアップルストアでも販売しています。アップルストアでは、通信事業者が販売するSIMロックされたiPhoneの他に、SIMフリーのiPhoneを購入することも出来ます。

このSIMフリーのiPhoneは、どの通信事業者のSIMでも通話やデータ通信が可能です。

iPhone SEなら、SIMフリーの16GBが47,800円+税、同64GBが59,800円+税です。また、アップルローンで24回まで分割金利0%キャンペーン中です。

この記事と同じカテゴリの最近の記事