読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

比べて納得!iPhone SEと6s/5sの同じところ違うところ【センサー】

私にとっては非常に魅力的なiPhone SEについて、6s、5sと比べてわかった仕様差分をまとめてみます。

今回は「センサー」についてです。

  1. 容量
  2. ディスプレイ
  3. サイズと重量
  4. チップ
  5. 通信事業者
  6. 携帯電話/ワイヤレス通信方式
  7. Touch ID
  8. iSightカメラ
  9. ビデオ撮影
  10. FaceTimeカメラ
  11. ビデオ通話
  12. オーディオ通話
  13. Siri
  14. 電源とバッテリー
  15. ヘッドフォン
  16. センサー
  17. SIMカード
  18. コネクタ

センサー

6sにあって、SEと5sにないセンサーは気圧計です。私はiPhone 6sを使っているので気圧計を内蔵しているのですが、正直全然使ってません。

気圧計センサーを活用した素晴らしいアプリが見つからず、いくつかの気圧計測アプリを試した程度です。

iOSの標準機能として、天気が崩れる前兆として通知されるなどであれば便利なのでしょうけれど、バッテリー持ちに影響するので難しいでしょうか。

その他、3軸ジャイロ、加速度センサー、接近センサー、環境光センサーはiPhone SEおよび、6s、5sのすべてに内蔵されていて仕様差分はありません。

この記事と同じカテゴリの最近の記事