読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

イヤホンジャックがなくなったiPhone 7によってiPodが抹殺されたように感じる

iPhone 7でイヤホンジャックがなくなったことは、すなわちiPodを切り捨てたと言っているように感じてしまう。

これまで好んでiPodを使ってきたユーザーを切り捨てたように見えるのだ。

一見するとLightning変換アダプタを付属するので問題ないように見えるが、iPodやiPhoneを選んだユーザーに受け入れられるだろうか。持ち物が増えるわけだし。

アップル製品を選んだユーザーには、美しさを重視する人たちも少なくない人数いるということを、アップルは忘れてしまったのだろうか。

まさか、変換アダプタをつけて音楽を聴く姿を、美しいと思っているのだろうか。そうだとしたら、なんともお粗末である。

iPhoneからイヤホンジャックがなくなるのは時間の問題だったとは思う。けれど、やり方が美しくない。

NFCや防水など、はじめから無かったものが増えるのは歓迎こそされても避難はされないが、イヤホンジャックは初代iPhoneからあったし、iPodシリーズにも頑なに存在している。

本当に無くしてよかったのだろうか。

どおりでウォズニアック氏が猛反対していたわけである。

この記事と同じカテゴリの最近の記事