夢と魔法と林檎の虜

ウォルト・ディズニーの夢と魔法、スティーブ・ジョブズが作り上げたアップル製品に魅せられたプログラマーのブログ

9/13先行配信の「美女と野獣」をiTunes Storeで予約しました

これまでiTunes Storeで映画を買ったことはありませんでしたが、2017年9月13日(水)に先行配信される「美女と野獣」を予約注文してしまいました。その魅力をご紹介します。

美女と野獣 (字幕/吹替)

美女と野獣 (字幕/吹替)

  • Bill Condon
  • ミュージカル

1本で字幕と吹替を切り替え可能

iTunes Storeで配信される映画の多くは、字幕版と吹替版が別売りになっているため、2,500円の映画を両方買うと5,000円になってしまいます。

DVDやブルーレイなら字幕と吹替を切り替え可能な上に、5,000円よりずっと安いことが殆どなので、価格面で二の足を踏んでいました。

ところが「美女と野獣」は、1本分の2,500円で字幕版と吹替版を切り替えられるようになっていました。

映画館では字幕版しか観ていないので、ブルーレイでは吹替も観たいと思っていましたが、やっぱり字幕でもう一度観たいと思っていたので、切り替え出来るのは魅力でした。

ボーナスコンテンツもついてる

デジタル版の弱みは「本編のみ」収録された省略ということ、好きな作品は舞台裏まで観たいと思ってしまうので、本編だけだと物足りなく感じてしまいます。

「美女と野獣」にはiTunes Extrasというボーナスコンテンツが付いているので、この点も◎でした。

あとがき

とっても思い入れのあるアニメーション作品だった「美女と野獣」が、作品のイメージを損なうことなく上品な仕上がりになっていたので、ブルーレイも予約していたのですが、デジタル版の先行配信も魅力的だったので思わず予約注文してしまいました。明後日が楽しみです。